You're my shining star !

つれづれなるままにすきなことを

Sexy Zone 4th Album Welcome to Sexy Zone Review


 今回Sexy Zoneの4枚目のアルバム、Welcome to Sexy Zoneが2/24にリリースされました。
 one Sexy Zone , Sexy Second , Sexy Power3と来て、初のユニット曲や、枚数に拘らない題名など、今回は気合いの入れようが違います…!Sexy Zoneの今を見逃したくありませんね。

 収録曲

  1. Welcome to Sexy Zone(introduction)
  2. 24-7~僕らのストーリー~
  3. Celebration!
  4. Cha-Cha-Chaチャンピオン
  5. Love Confusion
  6. Electric Shock
  7. Last winter's night
  8. Sweety Girl
  9. Make my day
  10. 誰にも解けないミステリー
  11. But…
  12. Mr.Jealousy
  13. Easy come!Easy go!Easy love!
  14. カラフルEyes
  15. フレンド
  16. 無邪気な時間は過ぎやすく(初回盤)
  17. New Day(通常盤)
  18. You're the only one(通常盤)

 introduction/セクセカから始まり、今回は10曲目に収録されている誰にも解けないミステリーに繋がる感じだなあと個人的には、グッときてます。セクセカでは、We Gotta Goがそのポジションだったと思っていて、同じくらいの効力を発するのかなあと期待を胸にしております。

 24-7/分かりやすくダンスナンバーに仕上がっている気がします。KQJみたいな歌詞もメロディも可愛いのにダンス激しいとかそういうわけではなく、ここ数年魅せられなかったSexy Zoneのカッコいい部分を引き出してくれているのでは?

 Celebration!/自担、マリウス葉くんの英語詞が存分に堪能できる上に、ふまけん(菊池風磨くんと中島健人くん)の流れるスピード感を味わえます。でも音は丁寧。

 Cha-Cha-Chaチャンピオン/ご存じ、2015年FIVBW杯バレーボールの公式イメージソングになっており、キャッチーなサビと風磨くんのラップが印象的な曲となっております。3人曲でなければもっと推したかった…

 Love Confusion/マリウスがよく雑誌で今回のアルバムを「ジャズなアルバム」と評している、その最もジャズらしさを表した曲ではないかと思います。ミディアムバラードなんだけど非常におしゃれ…こんな曲歌えるようになったんだね…………ってしみじみさせられます

   Electric Shock/ふまけん!!!!!!ふまけんそんなに特筆するほど好きではないと思ってたのに…いつの間にか関係性にやられている…エロいわけでもなくでもただカッコいいわけでもなく、22歳と21歳の今の関係が見れるコンサート演出お待ちしております(^人^)

 Last winter's night/我らが0番佐藤勝利くんのソロ曲になっております!あれ?短くない?と思いますが歌詞は恋愛のことを歌っているようにも見えつつ私たちの古傷も癒やしてくれるところもありつつ…で涙なしでは聞けないと思う…

 Sweety Girl/聡マリ(松島聡くんとマリウス葉くん)曲!!!雨だって、ドンセク、この手をつなごう、トラジャというように聡マリ+Jr.はありましたが二人だけの曲は実は初めて。久しぶりに聡くんの声をしっかり聞くことができるしマリウスのあまーい英語も聞けるし思う存分に歌声は堪能できるので次はソロ曲!!!!!くれ!!!!!

 Make my day/中島健人くん主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」主題歌。俺を好きになれ!Make my dayのフレーズが黒崎くんらしいし健人くんらしいしこの曲は彼のものと言っても過言ではない。そして二番サビで健人くんに負けないくらい自分のものにしている風磨くんが非常にムカつくほどのカッコよさ。

 誰にも解けないミステリー/試聴の時点でファンから一目置かれていた曲です。Sexy Secondの、ぶつかっちゃうよ、Sexy Power3のHey you!と言ったトンチキキラキラ曲が今回不在のなか、台頭するかのようにやってきたこの曲。迷宮ラブソング/嵐が類義語。

 But…/菊池風磨くんソロ曲。20歳の彼が書いた年齢がようやく追い付いた逆接系な1曲。あの歌声じゃないとこの曲は歌えないなあと唸らされる安定の美声もポイント。

 Mr.Jealousy/中島健人くんソロ曲。健人くんにしては音が跳ねててカッコいい、というのは風磨くんが歌っていてもおかしくないって意味でのカッコよさ。

 Easy come!Easy go! Easy love!/今回トンチキキラキラ曲が不在と先程言いました。すいません、訂正します。ありました。クレジット欄には三浦徳子先生のお名前が( ;∀;)『チェリーパイ アップルパイ レモンパイ』とかこれSexy Zoneに歌わせた天才ですよ…甘い彼らのビジュアル含めやっぱり『君はハンバーガーで僕はスイーツ』の最中(さなか)でことでよろしかったっていうことですよね(意味深)

 カラフルEyes/記念すべき10枚目のシングル。なんといっても5人体制に戻った(この言い方はしたくないけど)シングルでもあるしこの姿を見て私はやっぱりSexy Zoneが好きなんだなと再認識も出来たからSexy Zoneから少し離れてしまった人ももう一度戻ってきてほしいなあと思うし戻らないと!って思える曲。

 フレンド/コンサートで絶対この曲最後に歌うでしょ!っていうTHEな曲。友達=Sexy Zoneが自分達に向かって歌っているようにも聞こえて、普通、友達に向かって君は僕の太陽だなんて言わないじゃん?それを言えるっていうことは、恋人関係にあるか、Sexy Zoneかどっちかみたいなところあるじゃん?キザなセリフを言ったり投げキスをよくやったりするグループでなければできない友達曲。

 無邪気な時間は過ぎやすく/ふまけんしょり曲。アイスティーかき混ぜるストローにそっとよせる唇に心のなかでキスをするくらい重い男の未練タラタラ曲。結構この男重いから彼女は逃げちゃったのかな、そのわりには無邪気な時間って付き合ってた頃のことを言うから、また同じような恋繰り返すんだろうな。

 New Day/けんしょり曲。ジャニワの印象が強すぎて音源だけ聞いてもぴんとこなかった…おねのーんしか残ってない……

 You're the only one/ふまそうまり曲。マリウスと松島が初めて作詞をして俺がまとめた、って風磨くんが言っていた気がするんだけど、歌っている3人みんなに当てはまる曲。一人じゃないんだよ、ってサビの最初に持ってくるところがそれまたけんしょりというよりかはこの3人に言われることに意味があるんだよね…


 とりあえずざっくりと紹介しましたけど。色んな人に聞いて欲しいなあ。捉え方は人それぞれだもんね。うん。